桑葉とは

桑葉の歴史桑葉の機能性原料のこだわり

桑葉の歴史

ダイエットや高血糖対策素材として注目が集まる桑葉。その効能に関するいわれは古く、本草学の最初の書といわれ、2世紀に中国で著された「神農本草経」には、桑葉を日陰干ししたものを神仙茶と名付け、これを服用すれば風邪や百日咳、中風、利尿などに効き目があり、高血圧や滋養強壮にも効果があるとされています。また、日本では鎌倉時代、臨済宗の開祖である栄西禅師が著した最初の書であり薬書でもある「喫茶養生記」の下巻に、桑粥桑湯を服用すれば「水をいくら飲んでものどの渇きを覚える飲水病(糖尿病)に三・五日で必ず験あり」と記されており、古くから体感的に健康効果がある食品として食されてきました。桑は、クワ科(Moraceae)のクワ属(Morus)に属し、温帯地方から熱帯地方にかけて主に蚕の餌として養蚕用に広く栽培されている園芸作物です。養蚕は中国の揚子江や黄河流域ではじまったとされ、その歴史は5,000年前にも遡ります。日本に養蚕技術が伝えられたのは紀元前200年頃、そして本格的に養蚕が勧められるようになったのは江戸末期からで、幕末から昭和初期までは日本の養蚕技術により発展した生糸産業が、外貨を稼ぐ貴重な輸出産業として日本経済を支えました。しかし、第二次世界大戦後、安価なナイロンやレーヨンなどの人工繊維の技術が確立されると、日本の絹産業は衰退していきます。それとともに日本の風景から「桑園」も姿を消していったのです。すっかり忘れ去られていた桑が再び脚光を浴びるきっかけとなったのが、当社が参画した「神奈川県の機能性食品に関する共同研究事業(平成2年~6年)」の研究報告でした。桑葉には、有効成分DNJ(1-デオキシノジリマイシン)が含まれており、この成分が糖の吸収を阻害し、食後の血糖値の上昇を抑制する事が明らかとなったのです。栄西禅師や、先人たちの教えが科学で証明されたのです。

古くからの先人たちの健康を守り、日本の産業や文化を支え、確かな有用性をもつ桑葉。トヨタマ健康食品は、現代人の健康問題を解決する存在として桑葉に大きな可能性と魅力を感じ、桑葉を商品化して世界中の方々に広めることを目的として生まれた会社です。

桑葉畑
桑葉

DNJ DNJ®はトヨタマ健康食品の登録商標です。弊社原料をご使用の場合、別途ご契約の上、無償でご利用いただけます。お気軽にお問い合わせください。

co_tioawase_off

桑葉畑
桑葉の機能性

有用成分DNJ®の食後血糖値上昇抑制効果

桑葉には特有成分としてDNJ(1-デオキシノジリマイシン)が含まれています。DNJは桑以外の植物にもわずかながら含まれていますが、豊富に含まれているのは桑葉だけです。DNJの化学構造はブドウ糖(グルコース)に非常に似ていて、ラピノース環内の酸素原子(O)が窒素原子(N)に置き換わった構造をしています。このように、DNJの化学構造がグルコースと酷似しているため、DNJは糖質の吸収に関与する小腸のマルターゼやスクラーゼなどを拮抗阻害することで、二糖類から単糖類への分解を阻害します。
ブドウ糖(グルコース)、1-デオキシノジリマイシン(DNJ)図
摂取した糖質は、消化酵素により分解されて小腸から単糖の形で吸収されますが、DNJにより二糖類から単糖類への分解が阻害されると小腸で吸収されないので、食後血糖値の急激な上昇が抑制されます。
小腸で吸収されなかった糖質は大腸に運ばれ、大腸内に存在する細菌によって分解されます。その際に炭酸ガスや水素ガスの発生、および酢酸や乳酸などの有機酸の生成が起こることで、大腸が刺激されて便通の改善が起こります。

DNJを摂取しない場合とDNJを摂取した場合の図

桑葉の食後過血糖抑制効果

健康な被験者5名(男性3名:平均年齢38歳、女性2名:平均年齢26歳)を対象に、DNJを含む桑葉粉末の食後血糖値抑制効果を確認しました。被験者にショ糖50gを飲用させ、試験区では桑葉粉末を0.8gまたは1.6gを同時摂取し、食後2時間までの血糖値を測定した結果、桑葉粉末の摂取によって血糖値の上昇が有意に抑制されました。その抑制率は、曲線下面積(AUC)として、桑葉粉末0.8g摂取で23%、1.6g摂取で42%でした。

桑葉の食後過血糖抑制効果グラフ

糖尿病発症の予防効果の可能性

糖尿病を発症するラットに桑葉粉末を飼料に5%混ぜて54週間与え続けるという研究を実施しました。
その結果、桑葉を与えない群が46週目には空腹時血糖値が340mg/dLまでに上昇して糖尿病状態を示したのに対し、桑葉を与え続けると血糖値の上昇がほとんどなく、糖尿病状態も認められないことが明らかとなりました。また、血中のインスリン値についても測定したところ、正常ラットの場合、血中のインスリン量はブドウ糖を与えることで一時的に上昇しますが、糖尿病状態になったラットでは、このインスリンの上昇は認められませんでした。しかし、桑葉を与え続けたラットでは、血中のインスリン濃度が正常ラットと同様にブドウ糖の摂取に伴って上昇する事が確認されました。
これらの結果から、桑葉が糖尿病を予防し、糖尿病の特徴であるインスリンの分泌能力低下を改善する可能性が示されました。

糖尿病発症の予防効果の可能性グラフ

お問い合わせはこちら

原料へのこだわり

産地へのこだわり

国産桑葉原料
当社の国産桑葉製品には、主に鹿児島県産の桑葉を使用しています。鹿児島県は全国有数の農業県で、特に日本茶は静岡県に次いで全国2位の生産量です。当社では、日本茶の生産技術に優れた「茶農家」と契約して、桑葉を有機肥料・無農薬で栽培し、収穫後すぐに桑畑の近くの製茶工場にて乾燥させています。当社の長年の研究によって蓄積された分析技術と豊富な分析データを活用して、最適な桑葉の収穫時期、収穫部位、加工方法のノウハウを確立しています。また、製造した桑葉製品のDNJ含有量を確認し、安定して高品質な桑葉原料をご提供しています。
桑葉畑
タイ産桑葉原料
「タイシルク」で有名なタイのシルク織物は、明治時代に日本の養蚕技術者が貧困なタイ東北部に渡って養蚕技術を指導した事により発展しました。現在、シルクの生産量が世界一の中国においてシルクの生産量が減少する中、日本の養蚕技術を継承し、高い技術水準を維持しているタイでの養蚕が注目を集めています。当社では、桑葉の栽培技術に信頼のおけるタイを海外産原料の生産拠点とし、契約工場に当社の乾燥技術を指導して、高品質でコストパフォーマンスに優れた桑葉原料を製造しています。タイの桑畑でも日本と同様に化学肥料不使用・無農薬で栽培し、安全・安心な原料をご提供しています。
桑葉畑

桑葉の安全性確認

桑葉の安全性は、以下の試験を実施して確認を得ています。
その他、原料の安全性確認として放射能検査や農薬分析等も定期的に実施しています。

ヒト試験 5名のボランティアに対し、1日6gの桑葉エキス末を1週間の摂取して頂きました。摂取後に血液検査、尿検査、心電図の測定を実施した結果、検査項目のいずれにおいても異常は認められませんでした。変異原性 Ames法に従いSalmonella typhymurium TA98, 100, 1535, 1537及びE. coli WP2 uvrAを使用し、S9の有無で確認した結果、いずれの菌株においても5000μg/plateまで変異原性は認められませんでした。急性毒性試験 OECDガイドラインによる限界急性毒性試験を実施しました。ddy系雄マウス10匹に対し桑葉エキスを2週間経口投与した結果、死亡例はなくLD50は2g/kg以上でした。また、特記すべき異常所見は認められませんでした。亜慢性試験 SD系雌雄ラット(n=10)に90日間反復混餌(0.1,0.4,1% 桑葉エキス配合飼料)投与毒性試験を実施したところ、検査項目(一般症状、体重、血液検査、内臓検査)のすべてにおいて異常は認められませんでした。細胞遺伝毒性試験 ヒト繊維芽細胞の染色体異常誘発試験と姉妹染色体交換試験を実施しました。V79チャイニーズハムスター細胞の突然変異誘発試験の結果、染色体異常、姉妹染色分体交換及び突然変異誘発は認められませんでした。

お問い合わせはこちら

kuwaba_img22

ページの先頭へ